あんこらりあ絵日記

あんこ in オーストラリア w/理系夫 (feat. のりお)

市民プールにいる自由すぎる人たち

オーストラリアの市民プールに行くと日本にはなかなかいない、勝手で自由すぎる人たちがうようよいる。ちゃんと遊ぶ用のエリアもあるのに、歩くレーンでボールで遊ぶ子供〜大人、立ち止まって延々とおしゃべりするおばさんたち、泳ぐレーンは左側通行だが、逆走またはど真ん中をすごい勢いで泳ぐ人

別料金でサウナに入れるが、払わずにこっそり潜り込み、結局係りの人に見つかって追い出される人、トイレのドライヤーで髪を乾かす子供、若者、おばちゃん

まさにやりたい放題!

なかなか乾かない髪を乾かすために、ハンドドライヤー(そりゃ乾かんだろ…)を私物のように独占している。

少しは周りのこと考えられないのかなぁ…と、日本人の私は不思議に思いながら、濡れた手でトイレをあとにするのでした。

★日本人の思いやりに感動した話↓

ancoralia.hatenablog.com

のりおのオーストラリア豆知識

のりお

クロールは英語で「freestyle(フリースタイル)」、平泳ぎは「breaststroke(ブレストストローク)」というよ!

夏の音色

日本の夏の音といえばミンミンゼミの鳴き声、風鈴が揺れる音、ひぐらしの鳴き声など風情があるが、オーストラリアの夏の音といえば、外を歩くと(特に公園)大量にまとわりついてくるハエの大群の羽音…風情もクソもない

本当にダッシュして逃げたくなるレベルの数の多さと煩さ。

オーストラリアで季節感を感じることってあまりないのだけど、このまとわりつくハエの大群のおかげで夏を体感できる。(蚊の集団攻撃もハンパない)

★Gもハンパない↓

ancoralia.hatenablog.com

★Kもハンパない↓

ancoralia.hatenablog.com

のりおのオーストラリア豆知識

のりお

ハエは英語で「fly(フライ)」だよ。同じフライでも「fry」だと揚げ物みたいになっちゃうので(フライドチップのフライ)、LとRの違いに注意!

5年間ずっと知らずにいたこと

頭痛薬を頻繁に飲む頭痛持ちの私。日本に帰国後、オーストラリアと日本の頭痛薬の成分量を比べてみたところ、どちらもイブプロフェン配合量200mgと同じだった、と思ったら…

よく見るとオーストラリアのは一錠分、日本のは一回分だった。オーストラリアでも普通の大人の用量の一回二錠を飲んでいた私は日本の規定量の二倍を5年間ずっと飲んでいたことになる。そういえばオーストラリアでもらっていた喘息の薬がいつも小児用だったのを思い出したがもう遅い

そこで気付けよ。

欧米人と体の大きさが違うんだから、考えればわかるはずなのに…

オーストラリアで薬を買ったら、使用上の注意をよく読み、 用量を半分にして、正しく使いましょう!

★オーストラリアで骨を折ると…(全3話)↓

ancoralia.hatenablog.com

のりおのオーストラリア豆知識

のりお

市販薬は “over-the-counter medicine”、処方薬は “prescription medicine” というよ。

師匠からのアドバイス

オーストラリア移住前、偶然にも日本でオーストラリア人が経営するエステサロンに通っていた私。移住前の最後の施術でオーストラリア人オーナーに初めて担当してもらったのでオーストラリア移住に関するアドバイスを聞いてみた

すると開口一番オーストラリアは紫外線量が日本の何倍も高く、特に日中10時から14時の時間帯は紫外線マックスだから外に出るなら日焼け止め、サングラス、帽子は必須、できれば家から出るなと脅された

母国にいたとき、日中ずっと家にいたの…?

美を極める人ならではの忠告だったのかもしれないけど、行くのが少し怖くなったよ。

でも他にもカラマリ(イカのフライ)がおいしいよ!とか、言葉をとにかく省略するから英語がわかりにくいかも、とかいろいろ教えてくれて、とてもためになった!

★しかし女子力は日に日に衰えてゆく↓

ancoralia.hatenablog.com

★一時帰国するたびに痛感する女子力の衰え↓

ancoralia.hatenablog.com

同じお国出身でも…

日本にあるアジア系レストランに行った時、お昼過ぎの時間で他にお客さんもいなかったからか、店員さんは座って携帯をいじっていたが、私に気づくと慌てて接客してくれた。そんなとき思い出すのはオーストラリアにあるアジア系レストランの店員

彼らはまず客がいても店員大集合でテーブルを囲みまかないを食べている。客が来てももぐもぐしながらゆっくり接客、自分のテーブルには最速で戻る。この違いは一体…

まかない、おいしそうだった。

そういう私もカフェバイト時代は客の目の前で堂々とまかない食べてたな…(店員大集合はさすがになかったけど)

それにしても異国の地日本で、ちゃんと日本流の接客を心得てる外国人の店員さんって、ほんとすごいなって思う。

★オーストラリアの接客スタイル↓

ancoralia.hatenablog.com

★びっくりした中国のテーブルマナー↓

ancoralia.hatenablog.com

テテの値引き交渉術

オーストラリアの中古車ショップに来たテテ、店員に巧みに値引き交渉をし始める

店員の心理をつき、こっちが示す金額でないと買わないと頑なに譲らないテテ。店員は悩みに悩んだのち、最終的に折れる形で交渉成立。店員にインド人のような交渉術だと褒められた(?)テテは複雑な気持ちだった…

インド人は値引き交渉がとても巧みらしい。

ちなみにテテはインド料理も大の大大大好物なので、前世はインド人だったと、私は確信している。(テテも確信している)

★私たちにそっくりなインド人夫婦をみた↓

ancoralia.hatenablog.com

★インド人男性になにかと縁がある私↓

ancoralia.hatenablog.com

プロによる洋服のお直し

オーストラリアのおしゃれなデパートの中にあるアジア人経営の洋服の仕立て屋・お直し屋さんで、日本で買ったお気に入りのワンピースの裾上げをお願いしたところ、10ドルという安さに喜んだのもつかの間、斜めに裾上げされていた

がっつり斜めに切られてたよ!

★プロによるその他の被害はこちら↓

ancoralia.hatenablog.com

ancoralia.hatenablog.com

のりおのオーストラリア豆知識

のりお

洋服のお直しは「Clothing Alterations」というよ!

中国でも有名な日本人歌手とは

語学学校で出会った中国人の女の子が日本の有名歌手を知っているというので、名前を聞いてみるとどう何度聞いても日本語の名前に聞こえない。だが本人は自信満々に日本の名前だと言い張っていた

そこでグーグル検索した名前を見せてもらった結果、中国でも超有名だというその日本人歌手は山口百恵と布施明だった

中国読みすな。

逆になんで通じると思った?

そして20代にしてなぜその渋いチョイス。。。

★ショックを受けた中国の食事マナー↓

ancoralia.hatenablog.com

免税で買い物するとよく起きた出来事

オーストラリアに住んでいたとき(2014〜2019年)の話に戻ります。

オーストラリア在住時に一時帰国すると免税制度が利用できたので日本に一時帰国した際は大量に買い物していたが、免税で買いたいというとよくお店の人に外国人に間違えられた…日本語お上手ですね、とか…日本人なのに

別のある店員さんは、観光客のために頑張って覚えたのであろう中国語で答えてくれたり。

あっ、日本人なんです…海外に住んでて…とパスポートを見せるときは気まずかった。

★一時帰国中のお話はこちら↓

ancoralia.hatenablog.com

ancoralia.hatenablog.com

ancoralia.hatenablog.com

のりおのオーストラリア豆知識

のりお

紫外線の強いオーストラリアでは日焼け止めは必須!日焼け止めは英語で Sunscreen(サンスクリーン)というよ。

イタリアで出会った仲間たち【後編】

★前編はこちら↓

ancoralia.hatenablog.com

★中編はこちら↓

ancoralia.hatenablog.com

イタリアのレストランで偶然出会った四人の若者は飲んで食べてしゃべって仲良くなった後、連絡先を交換して別れた。スウェーデン人と私は方向が同じだったので、イタリアの幻想的な夜の街並みをバックに踊りながら一緒に帰った。

私が泊まっているホテルに着いたのでお別れをいうと、真面目で誠実そうだったスウェーデン人の彼がキスをせまってきた…イタリアの空気に触れすぎると男は皆イタリア男化してしまうのか

結局キスオチ…でもすぐに反省していたので、完全にイタリア男化はしてなかったようだ。

この酒仲間たちとは帰国後しばらく連絡取り合ったのち、疎遠になってしまった。

でもあの時もし、普通に一人で食事して一人で帰ってたら…それはそれでいい思い出になっただろうけど、やっぱり強烈に記憶に残ることはなかったと思う。

この偶然出会った四人でワイワイ騒いだ思い出があるおかげで、「イタリア旅行最終日の夜」がなかなかパンチの効いたものになった。